唎酒師への道 ~1泊2日受講受験コース~ パート①

2013-06-04 13:39:26

カテゴリー:唎酒師

こんにちは。

日本酒アンバサダー@大森慎(おおもりまこと)です。

さて、前回のブログでは、

唎酒師(日本酒のソムリエ)を取得したこと

ご報告をさせて頂きました。

1泊2日受講受験コースに参加して

唎酒師を取得するまでに至った過程、

その体験レポートを2~3回に分けて

書いていきたいと思います。

画像満載でいきますので、

宜しくお願い致します(^^)

1泊2日の1日目

2013年6月1日(土)

集合時間は朝9時30分~10時

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

会場は、千葉県習志野市。

JR京葉線「新習志野駅」から徒歩3分ほどの場所にある

幕張セミナーハウスという施設で行われました。

学生時代は千葉に住んでいましたが、初めて訪れる場所です。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

きれいなロビーですよね。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

案内の通りに進むと、受付が見えてきます。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

室内はこんな感じです。

席は自由で、来た人から座っていきます。

この場所で、約24時間で唎酒師を取得するんですね。

ちなみに私を含め、40人の受講生が参加してました。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

席に座ると、

もてなしびとという会報誌と、

この講座のタイムスケジュール、

そして机の下にテイスティングシートが置いてあります。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

10時からオリエンテーションが始まり、

この講座についての説明が行われ、

次に、座った席のまわりの方々との

ご挨拶タイムが設けられます。

私は、自己紹介・お仕事の話・

なぜ唎酒師を取得するのか?などのお話をしました。

そして10時15分から、早速、講義が始まります。

最初の内容は、「食品・飲料の基礎知識と商品特性」

についてです。

講師はFBO広報室長の斉藤俊彦さんという方です。

講義では、ここが試験に出るとかここは重要とか

ここは出ないので大丈夫ですとか

とにかく色々と教えてくれますので、

効率よく勉強して試験に臨むことができます。

そのあとは、

12時15分から13時45分まで

昼食と休憩、そして自習時間です。

ちなみに食事の会場は、

小さめの体育館のような場所です。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

この日、初めて提供されるお食事は、

このようになってました。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

どうですか?

意外とボリュームがあって驚きますよね。

そして、

13時45分から14時25分までの40分間、

第1次特別試験が行われます。

内容は講座①で勉強した内容です。

試験は選択問題よりも記述問題が多く、

しっかり勉強しないと回答できないようになってます。

なので、予習、そして自主学習の時間の使い方が

かなり大切だとここで実感しました。

試験後は、5分休憩したのち、

14時30分から17時30分まで3時間、

講座②が始まります。内容は、

「日本酒の原料・製造・表示・歴史に関する基礎知識」です。

講師は、FBO・SSI研究室長兼主任講師の長田卓さんです。

色々な書籍を出版されてる方で、

話し方や教え方がとても上手い先生でした。

ちなみに講義②は3時間という長丁場ですが、

途中で5~10分×2回の休憩を挟んでくれたり、

コーヒーや紅茶、お茶やお菓子などのサービスも

あるので、リラックスして受講することができます。

17時30分から17時45分までは、

宿泊施設のチェックインと休憩時間です。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

ここで、ひとりひとり鍵を渡され、

お泊りするお部屋に向かいます。

誰かと相部屋かと思っていたんですが、

1人1部屋だったので、嬉しかったです。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

4~8階まで宿泊室になっていて、

私のお部屋は504号室でした。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

ベッドが2つあったので、

どっちで寝ようかな~なんて考えてました。

ちなみに浴室やトイレ・洗面は共同です。

もちろん、男女は別ですよ!

このあとはテイスティングに入っていくのですが、

思ったより長いブログになってしまいましたね。

なので、続きはまた次回にさせて頂きたいと思います。

いかがでしたか?

少しは体験レポートとして

あなたに伝わりましたでしょうか。

それでは、今回も最後までお読みいただき、

ありがとうございました(^-^)/

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント