唎酒師への道 ~1泊2日受講受験コース~ パート②

2013-06-06 15:26:38

カテゴリー:唎酒師


日本酒 ブログランキングへ


こんにちは。

日本酒アンバサダー@大森慎(おおもりまこと)です。

それでは前回の続きということで、

唎酒師1泊2日受講受験コースの

体験レポートを書いていきたいと思いますので、

宜しくお願い致します。

1日目の午後17時45分~19時45分

ここから、日本酒のテイスティングの時間に入ります。

講師は引き続き、

FBO・SSI研究室長兼主任講師の長田卓さんです。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

色々なものがたくさん並んでますね。

ちなみに左奥は5種類の水溶液、

右奥は香りのサンプル、

そして右手前が4タイプの日本酒です。

以前、ブログでもお伝えしましたが、

日本酒は大きく4タイプに分類されます。

・薫酒タイプ(主に大吟醸系、吟醸系のもの)

・爽酒タイプ(主に生酒、生貯蔵酒、本醸造酒のもの)

・醇酒タイプ(主に純米酒、生もと系のもの)

・熟酒タイプ(主に古酒、秘蔵酒、長期熟成酒のもの)

これらすべてを味見し、香りを嗅ぎ、

吐き出し、水で味覚のリセットを繰り返し、

テイスティングの知識や方法やコツ・

表現方法など、様々なことを学びます。

19時45分~20時45分までは、

夕食も兼ねた

日本酒と料理の相性体験です。

こんなプレートが用意されました。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

内容は、

・ワカメの酢の物

・スモークサーモン&ハーブ

・カマンベールチーズのドライアップル添え

・麻婆豆腐

です。

これらと、4タイプの日本酒それぞれとの

相性をテイスティングしていきます。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

これとこれが合うと思った人~?

という感じで、アンケートをとっていき、

ここでは、味覚や感じ方は人それぞれだ

ということも学習します。

ちなみに、写真をみて頂くとお分かりかと思いますが、

手前の席の男性は、アメリカ人です。

他にも今回は台湾人の方も受講しており、

日本酒が世界に注目されてることが伺えました。

すごいですよね。

40人いた受講生のうち、3人が外国人でした。

そのあとは、

お弁当とスープが配られて、夕食です。

ちょっと冷めていたので、

昼食のほうが良かったかなと思いました。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

20時45分から21時までは、

このあとの過ごし方の案内や

翌日(2日目)についてを話す、

オリエンテーションの時間です。

ここで1日目のカリキュラムは終了です。

いきなり試験もあり、また、覚えることも

たくさんあって大変でしたが、

みなさんお疲れさまでした。

このあと、よかったらテイスティングの勉強を

していって下さいということで、

4タイプの日本酒×3本=12種類もの日本酒が

用意されていました。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

めったに飲めないお酒もあるので、

半分以上の方がお部屋に戻っていくなか、

私は全種類テイスティングしました。

日本酒って、本当に素晴らしいお酒ですね(酔)

このあとは部屋に戻り、お風呂に入ってから、

今日の復習と明日の予習です。

私は勉強したかったので、ひとりで過ごしました。

そして0時ごろ就寝しました。

他のみなさんはどう過ごしてたんでしょうね。

お疲れさまでしたということでスタッフさんが

缶ビールやおつまみを配布していましたので、

仲良くなった人と飲んでた方もいたのではないかと思います。

これにて1日目は終了です。

いかがでしたか?

少しでもあなたに内容が伝わっていれば幸いです。

次回は2日目のプログラムについて、

第2次・第3次特別試験と

唎酒師に合格して賞状を授与され、

解散するまでを書いていきたいと思います。

それでは今回も最後までお読み頂き、

ありがとうございました(^-^)/

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント