大学の同窓会で持って行った「十四代 別撰 純米吟醸」

  1. Home
  2. 大学の同窓会で持って行った「十四代 別撰 純米吟醸」

2014-06-30 01:26:55

カテゴリー:日本酒


こんばんは♪

日本酒アンバサダー@大森慎(おおもりまこと)です





今宵の日本酒はこれ!!!











山形県村山市 高木酒造(株)さんの

『十四代 別撰 純米吟醸』です☆




















創業約400年の歴史ある蔵が醸し出す

言わずと知れた銘酒“十四代”

大学の同窓会の為に購入して

サプライズで持って行った日本酒♪



 
 
↓スペックは以下の通りです↓



 
 
お米は兵庫県特A地区産の山田錦を使用



 
 
・精米歩合:50%

・日本酒度:非公開

・酸度:非公開

・アミノ酸度:非公開

・アルコール度数:15度

・純米吟醸生詰酒※



 
 
瓶を開けた時から漂う芳醇な香り

口に含んだ時の舌触り

空気を含ませた時に感じる味わい

鼻から抜ける心地よい香りと喉越し

飲み終わったあとの余韻

 


 
すべてが素晴らしいお酒です

ただただ美味しかった☆



 
 
7人で乾杯して飲みましたが

全員が口をそろえて

《うまい!》と感動

驚きを隠せませんでした♪



 
 
生産量や希少性や価格的に考えると

普段酒としては当然難しいけれど



 
 
こういう特別な時に仲間たちと

美味しい日本酒を共感できたことは

本当に良かったです



 
 
日本酒は

人と人とをつなぎ

楽しい時間を演出してくれる

素晴らしいお酒ですね^^


 
 
 
日本酒、最高♡





※生詰酒とは・・・

通常2回(お酒をしぼった後に1回と

瓶詰めの前に1回)行う

“火入れ”という加熱処理の工程を

前半の1回だけ行った日本酒のこと





ちなみに後半の1回だけ火入れを

行ったお酒は“生貯蔵酒”と呼ばれ

前後半ともに火入れしなかったお酒は

“生酒”と呼ばれます


 
 
 

現在、日本酒ブログランキング参加中!

今回も参考になったと思われましたら

こちらをポチッとお願いします♪





それでは今回も最後までお読みいただき

ありがとうございました(^-^)/

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。
コメント(必須)

CAPTCHA