えちごでそうろう 赤

  1. Home
  2. えちごでそうろう 赤

2013-12-14 17:45:16

カテゴリー:日本酒



日本酒、飲んでますか(^^)?

こんにちは。

日本酒アンバサダー@大森慎(おおもりまこと)です。

先月、八海山の新酒

越後で候 青越後についてをご紹介いたしました。

↓その時のブログはこちらです↓

http://sake-ambassador.com/?p=533

12月に入り「赤越後」が発売され

早速買ってまいりましたよ~。

こちらもご紹介していきたいと思いますので

宜しくお願い致します。

ちょっと復習になりますが、

そもそも「越後で候」というお酒は

あの八海山で有名な

新潟県南魚沼市 八海醸造(株)さんの

毎年冬に発売される期間限定の日本酒です。

ワインでいうところの

ボジョレーヌーボーといった感じです。

八海山の新酒ということです。

越後で候には青と赤の2種類があります。

青ラベルは毎年10月~3月の期間限定で

発売されていますが、要するにこれは1年のうち

半分は買うことができるということですね。

それに対して赤ラベルは

12月のみの超・期間限定販売です。

こちらの方が少し高値ですが

限定となると買いたくなっちゃいますよね♪

高値と言っても

青ラベルは4合瓶(720ml)で1150円前後、

赤ラベルは同量で1800円前後なので

ワインよりも断然リーズナブルです。

とはいえ

どこにでも売られているわけではないので

そういった意味では限定品と言えるでしょう。

新潟ではスーパーでも購入できると思いますが、

都内であれば表参道にある新潟県のアンテナショップ

新潟館ネスパスで買うことができます。

www.nico.or.jp/nespace/

今月2回行きましたが2回とも置いていました。

大事な日本酒のスペックと味についてですが、

お米は山田錦や五百万石などを使用。

精米歩合は50%

純米大吟醸と名乗れる精米歩合なのに

純米吟醸として売り出しされています。

青越後のような新酒ならではの荒々しさも保ちつつ

研ぎ澄まされたお米の旨みと華やかな香りが加わり

上品な日本酒になっていると思います。

とても美味しいお酒でした。

同じ会社やブランドから発売されている日本酒でも

使うお米や製造方法などの違いによって

ここまでバリエーションが豊かになることは

本当に不思議で奥が深いことだと

私はいつも感じます。

日本酒って本当に最高ですね☆

ということで今回は

八海山の新酒「越後で候」の赤ラベルについての

ご紹介でした。

現在、日本酒ブログランキング参加中!

今回も参考になったと思われましたら、

こちらをポチッとお願いします♪

それでは今回も最後までお読みいただき、

ありがとうございました(^-^)

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。
コメント(必須)

CAPTCHA