こんな寒い日は “熱燗と鍋” を♪

  1. Home
  2. こんな寒い日は “熱燗と鍋” を♪

2013-12-19 17:48:13

カテゴリー:美容・健康



日本酒、飲んでますか(^^)?

こんにちは。

日本酒アンバサダー@大森慎(おおもりまこと)です。

最近はすっかり冬の気候となり

きびしい寒さが続くようになりましたね。

読者さんは風邪を引いていませんか?

どうかご自愛くださいませ^^

ということで寒い日が続く最近では

自炊で鍋を作ることが多くなってきました。

今回は、恥ずかしいのですが自炊の鍋のメニューと

それに合わせて飲んでいる熱燗について

書いていこうと思いますので

宜しくお願い致します。

今夜のメニューは、

きりたんぽと鶏肉をメインに

豆苗や長ネギ・白菜・きのこ・ニラなど

たっぷりのお野菜を

鶏塩ベースにしょうがを効かせたスープで頂きます。

ごはんは南魚沼産のコシヒカリ

日本酒は新潟県加茂市

(株)マスカガミさんの

萬寿鏡 特別純米酒」のお燗です♪

日本酒は他のお酒と比べても

体を温める効果が抜群ということを

ご存知ですか?

お酒を飲むと、まずアルコールが体内で

アセトアルデヒドという物質に分解されます。

このアセトアルデヒドには

血管を拡張させる作用があり、

お酒を飲んですぐに体が熱くなるのは

この作用のおかげです。

ここまではどのお酒も同じ。

日本酒にはさらに“アデノシン”という成分が

他のお酒より圧倒的に多く含まれています。

このアデノシンは

血管の収縮を阻害させる作用があり、

広がって血流が良くなった血管が

縮まりにくくなります。

体が温まった状態が

「長く続く」ということですね。

血行が良くなることは

冷えや肩こりや腰痛などの改善や

老廃物が流れやすくもなりますので

人間にとっては最高です。
 
 

 
日本酒は他のお酒と比べて

2度も体温が上昇すると言われています。

乾杯にビールやシャンパンもいいけれど、

冷えた体にキンキンに冷えたお酒

そして冷えたお通しや前菜・サラダ

これって本当に美味しいですか?

ただ体を冷やすのみで

消化不良を招くだけです。

ぜひ日本酒の熱燗で乾杯してみて下さい。

 
体の温まり方が全然違います。
 

 
全然です。

 
飲んで2~3分もすれば

手足の指先まで熱を感じるほど

体が温まります。

 
体が温まったら料理だって

絶対に美味しく頂けるはずです。

 
ぜひ実感してみて下さい♪

熱燗にする日本酒の選び方や

飲み方がわからなければお教えしますので

ぜひ聞いて下さいね☆

ということで今回は

私が自炊で作った鍋の内容と

寒い時期に日本酒を熱燗で飲むことの

重要性について書かせて頂きました。

現在、日本酒ブログランキング参加中!

今回も参考になったと思われましたら、

こちらをポチッとお願いします♪

それでは今回も最後までお読みいただき、

ありがとうございました(^-^)

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。
コメント(必須)

CAPTCHA