こんなことブログに書きたくないけど・・・

  1. Home
  2. こんなことブログに書きたくないけど・・・

2013-11-19 18:24:00

カテゴリー:日本酒ニュース



日本酒、飲んでますか(^^)?

こんにちは。

日本酒アンバサダー@大森慎(おおもりまこと)です。

最近は毎日偽装という言葉を見聞きしますね。

本当に信じられないですし、

やってはいけないことだと思います。

雪印の牛肉偽装やミートホープの品質表示偽装、

マンションの耐震偽装に派遣労働者の偽装請負、

そしてホテルやデパートなどでも偽装が相次ぐなか、

ついに日本酒でも偽装事件が起きてしまいました。

今回のブログでは、

その日本酒の偽装事件について書こうと思います。

本当はこんなこと起こってほしくなかったし

書きたくないんですけどね。

すでにこの件をご存知の方もそうでない方も、

また日本酒について少し偏見を持ってしまった方も

いらっしゃるかもしれませんので、

今後の参考にしていただけたらと思います。

事の発端は、2013年11月12日の

“神戸市灘区の酒造会社「富久娘酒造」は11日、

純米酒に醸造アルコールを混ぜたり、吟醸酒の原料に

規格外の米を使用したりしていたことを明らかにした。”

という神戸新聞の記事から始まりました。

この富久娘酒造(ふくむすめ)が行った偽装は、

純米酒に醸造アルコールを混ぜたこと

吟醸酒に規格外のお米を使用したこと

の2点です。

まずは「純米酒に醸造アルコールを混ぜた件」ですが、

日本酒は、大きく分けると「特定名称酒」「普通酒」

分類することができます。

日本酒全体の割合で言うと3:7

わずか30%しかつくられていない特別なお酒です。

そしてその特定名称酒は、

本醸造酒・純米酒・特別本醸造酒・特別純米酒・

吟醸酒・純米吟醸酒・大吟醸酒・純米大吟醸酒

の全部で8種類に分けられます。

この特定名称酒には厳しい決まりが設けられており、

純米と名の付くお酒には米と米麹のみが使用可能。

それ以外には米・米麹・醸造アルコールが使用可能であり、

もちろん「純米」と名乗るものには使用できません

なので、醸造アルコールを添加していたにもかかわらず

純米酒と名乗って販売した時点でアウト、偽装です。

そもそも醸造アルコールとは

米などの穀類やさとうきび(廃糖蜜)といった

デンプン質・糖質の原料を使って酵母で発酵させた

食品由来のアルコールを連続式蒸留機で蒸留したものです。

よく勘違いされがちですが、

化学的に合成された工業用アルコールではありません

添加されたお酒を飲んでも何も問題はありません。

そしてこれを使用する量は

酒税法により厳しく制限されていますし、

世界で表彰される大吟醸の日本酒にも使用されています。

4合瓶(720ml)あたり1~2滴ほどの量です。

少ないですよね?

よって、このお酒に使用された醸造アルコールが

規定範囲内であれば「本醸造」などの表記、

それ以上の使用量であれば「普通酒」

表記すれば問題なかったわけですね。

つづいて

吟醸酒に規格外のお米を使用した件」についてです。

これは何となく想像できるかと思いますが、

ご説明していきたいと思います。

お酒造りに使われるお米(玄米)は、

特上・特等・1等・2等・3等と細かく別れています。

特定名称酒にはこの3等以上のお米を使用すること

義務付けられています。

そしてこれらの等級の条件を満たしておらず、

異種穀粒及び異物が50%以上混入していないものは

「規格外米」となります。

3等未満=規格外米というわけですね。

この規格外米は、お煎餅の原料になったりします。

つまり「加工用」のお米ということです。

今回のケースでは、

3等以上のお米とこの規格外米を混ぜてつくったお酒を

吟醸酒」と名乗ってしまったことが問題です。

これが「普通酒」であれば問題なかったわけです。

ここまでが富久娘酒造の偽装事件の内容ですが、

なぜ本醸造や普通酒とすべきお酒を「純米酒」としたり

普通酒とすべきお酒を「吟醸酒」として

偽装表記しなければならなかったんでしょうね。

回収される対象商品が49品目もあることから、

もはやこの酒造のこの偽装は、

利益目的のために

わざとやったとしか考えられません。

まじめに美味しい日本酒を命をかけてつくっている

蔵元さんはたくさんあります。

なのに、この1つの蔵元の事件がきっかけで

日本酒業界に激震が走り、

日本酒への不信感が消費者の間で生まれてしまったことは

言うまでもありません。

本当にこのような行為は

2度と起こらないでほしいですね。

日本酒は本当に素晴らしいお酒です。

私はこれからも飲み続けますし、

これからも日本酒の魅力をあなたにお伝えしていきます。

今後とも、宜しくお願い致します。

現在、日本酒ブログランキング参加中!

今回も参考になったと思われましたら、

こちらをポチッとお願いします♪

長くなってしまいましたが、

それでは今回も最後までお読みいただき

ありがとうございました(^-^)

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。
コメント(必須)

CAPTCHA