10月1日は日本酒の日♪

  1. Home
  2. 10月1日は日本酒の日♪

2013-10-03 19:06:38

カテゴリー:日本酒



日本酒、飲んでますか(^^)?

こんにちは。

日本酒アンバサダー@大森慎(おおもりまこと)です。

おととい10月1日、年に1度の「日本酒の日」から

当ブログを再スタートしたわけでございますが、

日本酒アンバサダー@大森慎としては

もちろん、日本酒を飲みましたよ~♪

飲んだ日本酒は後ほどご紹介させて頂きますが、

その前に、なぜ10月1日が「日本酒の日」なのか?

ということに触れていきたいと思います。

そもそも10月というのは

新米が実り、収穫され、日本酒造りが始まる月です。

和名では神無月(かんなづき)

一説では醸成月(かもなしづき)とも呼ばれ、

新しい穀物で新しい酒を醸す月ということから、

日本酒にとって10月は大切な月と捉えることができます。

また、日本酒業界には酒造年度という独自の年度があり、

今では7月1日~6月30日までの

1年間のことを指しますが、

もともとは「10月1日」から始まるものでした。

さらに、酒という漢字に使われる「酉(とり)」は、

十二支の中の10番目にくるものですよね。

子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・・戌・亥

このように、日本酒には「10」という数字が

関係してくることがお分かりいただけますでしょうか。

以上のことから、

1978年、日本酒造組合中央会によって

若者の日本酒離れを食い止めるために制定されました。

いかがですか?

日本酒の日には、このような背景があったんですね。

そんな日本酒の日ですが、

私がその日に飲んだお酒はこちらです。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

栃木県さくら市 (株)せんきんさんの

『仙禽 木桶仕込み 純米大吟醸 鶴亀19』です。

日本酒マンガ“夏子の酒”のモデルにもなった

幻のお米『亀ノ尾』を使用。

全国酒類鑑評会出品酒であり、

精米歩合わずか19%

アルコール度数17度

使用酵母・日本酒度・酸度はすべて非公開

というスペックの、

(株)せんきんさんの最高峰であり

数量限定かつ極上の日本酒です。

飲んだ瞬間に口の中に広がる豊かな香り・旨み・甘み、

そして上品なとろみの中に感じるフレッシュさとみずみずしさは

まさに極上にふさわしいお味でした。

とても美味しかったです。

ネットでも完売していて買うことができないので、

たまたまお店で飲めたことには本当に幸運を感じましたし、

感謝の気持ちでいっぱいです。

日本酒、最高!!!

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

ということで今回のブログはここまでです。

現在、日本酒ブログランキング参加中!

今回も参考になったと思われましたら、

こちらをポチッとお願いします♪

それでは今回も最後までお読みいただき、

ありがとうございました(^-^)

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。
コメント(必須)

CAPTCHA