日本酒の専門用語、あなたはいくつ知ってますか?

  1. Home
  2. 日本酒の専門用語、あなたはいくつ知ってますか?

2013-07-19 19:15:42

カテゴリー:日本酒用語解説

Pocket


日本酒、飲んでますか(^^)?

こんにちは。

日本酒アンバサダー@大森慎(おおもりまこと)です。

突然ですが、

本日おすすめの日本酒はこちらです!

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

って、仮に

このお酒を出されたとします。

ラベルの内容、理解できますか?

おそらく、ほとんどの方が

お分かりにならないと思います。

私はもともと日本酒が好きで

興味があって自主的に覚えたのですが、

普通はご存知なくて当然ですよね。

日本酒って専門用語が多すぎるんです。

日本人なのに日本酒のことを知らない

ということが問題なのではありません。

日本人に日本のお酒について教える環境が

備わっていないということが問題なのです。

個人的には学校の授業で教えても

いいと思うんですけどね(笑)

そういう場が無いのなら、

私がこの場でお教えします!

ということで今回は、

日本酒の専門用語についてご説明を

させて頂きたいと思いますので、

宜しくお願い致します。

では上から順にいきます。

亀泉

こちらは高知県土佐市にある

亀泉酒造さんの日本酒です。

純米吟醸

これはブログで何回も説明していますね。

精米歩合60%以下の(お米を40%以上磨いた)

お米と米麹のみで作られたお酒の名称です。

原酒

これ意外と知られていませんが、

実は日本酒は、出来上がるとお水を加えます。

アルコール度数や香味を調整するためです。

この加水を一切しないものが原酒です。

氷を入れてロックでも楽しめる日本酒ですね。

酵母

糖分をアルコールと炭酸ガスに分解する微生物のことです。

自然界に多く生息しており、

ビールやワイン、パンなど用途によって使い分けられます。

CEL-24とはその酵母の種類の1つです。

アルコール

これはご存知ですよね。

水100に対して

アルコールが14.2%を占める

ということです。

日本酒度

これは日本酒の甘辛を示す目安となる数値です。

糖分が多いと液体は下に沈みますよね。

水を0として、甘口がマイナス、辛口がプラスとなります。

よってこのお酒は甘口ということになります。

味覚や感じ方は人それぞれなので、

あくまで「目安」

ということを覚えておいてください。

酸度

これは日本酒に含まれる酸の量を表したものです。

乳酸、リンゴ酸、コハク酸などの有機酸のことですね。

この数値が高いと濃醇で辛く、低いと淡麗で甘い

とされています。これもあくまで目安です。

・アミノ酸(アミノ酸度

日本酒には100種類以上のアミノ酸が含まれています。

そのアミノ酸の量を表したものがアミノ酸度です。

必要以上に多いと雑味の原因になりますが、

少なければ軽快な飲み口になると言われています。

製造年月日

これも意外と知られていませんが、

日本酒における製造年月日とは、

瓶詰めをして出荷する日のことを指します。

なので、たとえば2010年3月にお酒をつくり、

3年間貯蔵して寝かせていま出荷するとなると、

製造年月日は2013年7月となるのです。

理由はわかりませんが、法律で決められています。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

以上で、この日本酒についての

用語解説は終了です。

いかがでしたか?

日本酒についてまだまだ分からないことが

たくさんあると思いますが、

このブログを通じて少しでも日本酒に

詳しくなってもらえたら嬉しいです。

それでは今回も最後までお読みいただき、

ありがとうございました(^-^)

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。
コメント(必須)