酒蔵見学@宮城

  1. Home
  2. 酒蔵見学@宮城

2013-07-08 17:02:35

カテゴリー:酒蔵めぐり



日本酒、飲んでますか(^^)?

こんにちは。

日本酒アンバサダー@大森慎(おおもりまこと)です。

先日、2泊3日で宮城県へ行ってまいりました。

目的は、仙台に住む家族や友達に会うこと、

そして何より、酒蔵を見学するためです。

今回のブログは、酒蔵のレポート

書いていきたいと思います♪

今回訪問した酒蔵さんは、

宮城県塩竃市(しおがまし)にある

株式会社 佐浦さんです。

享保9年(1724年)創業

歴史ある蔵元さんで、

浦霞というブランドが有名です。

浦霞は、実は「うらかすみ」と読みます。

ずっと「うらがすみ」だと思っておりましたが、

濁らずに読むそうです。

知ってましたか?

このお酒の名前の由来は、

「塩釜の の松風 むなり

 八十島かけて 春やたつらむ」

という、鎌倉幕府第3代将軍 源実朝が

塩釜の情景を歌った歌からきているそうです。

仙台駅からJR仙石線に乗り換え30分弱

「本塩釜」という駅が最寄駅です。

ここは日本全国の塩釜・塩竃神社の総本社である

鹽竈(しおがま)神社があることでも有名です。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

駅から歩いて5~6分ほどのところに

浦霞の酒蔵や事務所や店舗があります。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

趣がありますね。

蔵のガイドは事前予約制。

11時~と14時~の1日2回のみです。

酒つくりの現場は拝見できませんが、

約15分間、蔵の建物や歴史などを案内して頂きます。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

他にも、東日本大震災のときには

津波がここまでやってきたという目印があったり、

建物や蔵がどれだけ損害を受けたかという写真も

見ることができたり、災害の恐ろしさを

改めて知ることができます。

この日は私と、

観光に来ていた50代ほどのご夫婦の3人

そしてガイドの方も含めて4人で回りました。

定員が10人とのことですが、少人数制だと

その場で仲良くなれるのが魅力的です。

そしてガイドが終わると、

受付をした酒ギャラリー(店舗)に戻って解散。

・・・とはならず、もちろん

浦霞の利き酒を楽しむ時間です。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

この「うらかすみ」と書かれた

おちょこを300円で購入し、

3種類の商品を試飲できます。

酒蔵に来たらやっぱり試飲ですよね。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

頂いたお酒は、右側から

・からくち浦霞

《品種まなむすめ 精米歩合65% 本醸造》

・浦霞 寒風沢(さぶさわ)

《品種ササニシキ 精米歩合55% 純米吟醸》

・純米生酒 浦霞

《品種まなむすめ 精米歩合65% 純米生酒》

です。

酒用ではなく食用のお米を使用しているので、

全体的にどれも飲みやすく、力強いというよりは

とてもスッキリとした印象でした。

ごちそうさまでした。

試飲のあとは、もちろんお酒の購入です。

いまや浦霞は全国で買えますが、

やっぱりここでしか買うことのできない

限定販売のお酒を買いたいですよね♪

日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

で、何を買ったかは、

後日ブログでお伝えします。

飲んで、味わった後にご紹介しますので、

どうぞお楽しみに!

ということで、

蔵元見学は以上で終了です。

滞在時間は1時間もありませんでしたが、

日本酒についての知識もまた1つ増え、

とても有意義な時間でした。

何より蔵元の方々がとても明るく親切で、

良いお酒があるところには

良い人がいることを

改めて感じました。

あなたは旅行に行きますか?

もし近々どこかへ旅行するなら、

酒蔵の見学もプログラムに1つ

追加してみてはいかがでしょうか。

日本酒が、そしてその行った蔵元のお酒が

きっと好きになることでしょう。

あなたの日本酒を飲む機会が増えていくことを

私は心より願っております。

それでは今回も最後までお読みいただき、

ありがとうございました(^-^)

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。
コメント(必須)

CAPTCHA