日本酒の消費量が減ると、こうなります。

  1. Home
  2. 日本酒の消費量が減ると、こうなります。

2013-07-05 15:53:07

カテゴリー:日本酒ニュース

Pocket

日本酒、飲んでますか(^^)?

こんにちは。

日本酒アンバサダー@大森慎(おおもりまこと)です。

世の中には、光と影が存在します。

もちろん、日本酒業界にも

明るいニュースと

そうでないニュースがあります。

先日、毎日新聞で

こんなニュースを目にしました。

「 <灘>最後の木造酒蔵がピンチ

     競売で不動産会社が落札 」

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

日本酒最大の生産地、

兵庫県の灘五郷という地域にある

国の登録有形文化財にも指定されている

泉勇之介商店さんの酒蔵が、

借入金がかさんだことが理由で

物件が競売にかけられ、

不動産会社が落札したそうです。

このあたりは住宅地ということで、

おそらくこの物件は更地になり、

今後は住宅地になる可能性が高いとのこと。

1995年の阪神大震災で

唯一残った木造の酒蔵ということでしたが、

日本酒消費量の低下により経営不振、

このような結果となってしまいました。

長い歴史を歩んできたこの酒蔵には

きっと素晴らしい乳酸菌が住み着き、

それが美味しいお酒をつくっていたことでしょう。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

それが一切つくれなくなること

生まれ育ったものがなくなってしまうこと

歴史を途絶えさせてしまったことは

本当に残念であり無念でならないことと存じます。

ピーク時には4000もあった日本の酒蔵は、

いまや1000以下とされています。

日本人のあなたはこれをどう考えますか?

昔は、お酒を飲むと言えば

日本酒を飲むことが当たり前でした。

しかし今はどうでしょうか。

日本が戦争に負け、学校給食から

アメリカによる食の支配が始まり、

日本の食卓が洋食化・欧米化していきました。

そして今やビール・ワインが当たり前の時代です。

他のお酒もおいしいですが、

日本人なら積極的に日本酒を飲みましょうよ。

これ以上、日本の歴史を衰退させてはなりません。

日本人よ、今こそ日本酒を飲め!

日本人が当たり前に飲んでいた日本酒、

これを現代でも当たり前にしたい。

そんな想いで、これからも

情報を発信してまいりますので、

宜しくお願い致します。

ということで、今回は

日本酒業界のちょっとネガティブな

ニュースをお伝えしました。

それでは今回も最後までお読みいただき、

ありがとうございました(^-^)

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。
コメント(必須)