鶴齢Day @ 海鮮居酒屋MARU

  1. Home
  2. 鶴齢Day @ 海鮮居酒屋MARU

2013-07-01 18:15:46

カテゴリー:日本酒イベント

Pocket


日本酒、飲んでますか(^^)?

こんにちは。

日本酒アンバサダー@大森慎(おおもりまこと)です。

先日、東京都墨田区は錦糸町にある

海鮮居酒屋MARUという居酒屋さんで

こんなイベントが行われていたので、

参加してきました。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

鶴齢Daysというイベントです。

「鶴齢」という

新潟県魚沼市の青木酒造さんが

つくっている日本酒なのですが、

そこの蔵元さんの方が

わざわざ新潟から来てくれて

自慢のお酒たちを格安で飲ませて下さるという

日本酒好きにはたまらないイベントです。

この鶴齢は、

私の出身と同じ新潟ということ、

そして知人の誕生日に送ったこともあるので、

とても縁があるお酒のひとつでもあります。

そんな鶴齢を45ml=280円均一で

飲めるということですから、

テンションが上がらないわけがありません。

さらに、全8種類を制覇すると

隠し酒が振る舞われるということですから、

やってやろうと意気込んで

チャレンジしてまいりました。

お店に入り、

席に着くと、

まずお通しと

このような用紙が配られます。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

スタンプラリーの用紙ですね。

そして、1番左側に記されている

「鶴齢 吟醸生酒 越淡麗」

がウェルカムドリンクとして振る舞われます。

越淡麗という新潟県でしか作られていない

お酒用のお米を使って作られた

吟醸生酒です。

生酒とは以前のブログでお伝えしたとおり、

日本酒をつくる過程において、

品質管理のために火入れ(低温加熱殺菌)

というものを通常2回行いますが、

この火入れをまったく行わないお酒のことです。

これを、蔵元から来て下さった

営業部の目崎さんという

女性の方に注いで頂きました。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

この目崎さん、

実は30代前半とのことで

私よりも年上だったのですが、

全然見えないですよね。

さすがに日本酒を普段から飲まれているだけあって

お肌が白くてキレイで、とても若々しいと思いました。

日本酒の美肌・アンチエイジング効果はさすがです。

この1杯目以降は、

他の7種類の中から好きなお酒を

注文していきます。

注文のたびに目崎さんが注いでくれて、

ひとつひとつ味の違いを

しっかり確かめながら頂きましたが、

どれも本当に美味しかったです。

同じ鶴齢というブランドでも

使うお米や製造方法によってこんなに

バラエティー豊かな味わいになるのかと

大変驚かされました。

そして全8種類制覇を成し遂げて、

ついに隠し酒が登場。。

振る舞われる隠し酒はこちらです!

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

(画像は青木酒造さんのHPからお借りしました。)

「牧之 大吟醸」という

鶴齢のなかでも最上級のお酒で、

4合瓶(720ml)で6000円近くする

青木酒造さんの1番高価な日本酒です。

4~5月に行われた全国新酒鑑評会で

金賞を獲得した、限定生産の日本酒。

そのお酒を、グラスにたっぷりと

注いでいただきました。

精米歩合37%という

高精米の大吟醸ですから、

華やかな吟醸香がたまりません。

そして口に含むとさらに広がっていく香りと

まるでメロンジュースのような

甘くてみずみずしい上品な味わいは

何とも言えない美味しさでした。

鶴齢の他にも番外編ということで

梅酒やサイダーなどもあったのですが、

これらは飲まずに日本酒だけを制覇して

目崎さんにスタンプを押して頂きました。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

以上で終了です。

いかがでしたか?

ひとつの蔵元のひとつの銘柄でも

こんなに種類があり味があることや、

それを蔵元さんと直々に会話しながら

飲むことができるという楽しさが

少しは伝わりましたでしょうか?

最後に、今回のイベント場所となった

墨田区錦糸町の海鮮居酒屋MARUは、

蔵元さんとのつながりがあったり

スタッフに唎酒師がいたりして、

日本酒好きの中では

美味しいお酒が飲めるちょっとした有名店です。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

ぜひ足を運んでみて下さいね。

それでは今回も最後までお読みいただき、

ありがとうございました(^-^)

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。
コメント(必須)