日本酒に目覚めたきっかけ

  1. Home
  2. 日本酒に目覚めたきっかけ

2013-05-16 15:52:29

カテゴリー:自己紹介


こんにちは。

日本酒アンバサダー@大森慎(おおもりまこと)です。

また自己紹介!?

と思われたかもしれませんが、

今回は、私がなぜ日本酒に目覚めたのか?について

お話していきたいと思います。

プロフィールにも書かせて頂いておりますが、

私は新潟で生まれ、日本酒に囲まれた環境に育ちます。

気が付けば日本酒が目につくというか、

あって当たり前のような身近な存在だったんですよね。

あなたのまわりはどうですか?

日本酒ではないにしろ、ヒトでもモノでも、

存在して当たり前のものって何かしらありませんか?

必ずありますよね。

その当たり前のものに対して、

あなたはどう感じますか?

何とも思ってないですよね?

だって当たり前にあるんですから。

私が日本酒に対して感じていたことも、

初めは同じでした。

ところがある日、

「美味しんぼ」という漫画を読んで、変わりました。

美味しんぼ はご存知ですか?

美味しんぼとは、1983年から連載が続いているグルメ漫画。

ただ美味しそうな料理が出てくるだけの漫画とは異なり、

とことん追求した取材活動で、

食文化やそれをとりまく背景や問題などにも

フォーカスしている奥が深い漫画です。

$日本酒アンバサダー@大森慎のブログ

この美味しんぼ54巻「日本酒の実力」の内容を読んだとき、

そこには1995年の時点での日本酒のことが書かれていたんですが、

『お米からできたお酒』という印象しか持っていなかった私に

衝撃を与えました。

日本酒ってこんなに奥が深いんだ・・・。

当たり前にあったそれが、当たり前でなくなる瞬間でした。

日本酒に対して、敬意や感謝の気持ちすら芽生えました。

それ以降、日本酒を好んで飲むようになりました。

美味しいお店も調べて行くようになりました。

日本酒のイベントにも参加するようになりました。

人脈が広がりました。

美味しい日本酒を、共に美味しいと言えるヒトにも出逢えました。

そして現在に至ります。

どうですか?

当たり前のことを当たり前に思わず、

見方を変え、敬意を表し、感謝することで、

あなたもきっと変わることができます。

ぜひ実行してみて下さい。

ということで、

今回は私が美味しんぼを読んで

日本酒に心底興味を持ったという内容でした。

最後までお読みいただき、

ありがとうございました(^-^)/

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。
コメント(必須)

CAPTCHA